#INTERVIEW:ユース・オブ・パリス (YOUTH of PARIS) が語る注目のブランド、ファッション業界、イージー シーズン 2について

By UHJP STAFF on
2015年10月28日
0 Comments

フランスのオンライン・マガジン『ユース・オブ・パリス (YOUTH of PARIS) 』を主宰するアレックス・ロペス (Alex Lopez) の独占インタビュー。

 
幼い頃からファッションや服そのものに関心のあったアレックス・ロペスは、香水店を営んでいた祖母の影響により、パリ界隈のベストなスポットやクールなブランドを発見するセンスを身に付ける。

その後、パリ市内の百貨店のラグジュアリー部門の販売スタッフを経て、イメージ・コンサルタント / スタイリスト / パーソナル・ショッパーとしてのキャリアをスタート。

ファッション業界における様々なプロジェクトに携わりながら、TumblrやInstagramの延長線上として、自身のプラットフォーム『ユース・オブ・パリス (YOUTH of PARIS) 』を立ち上げる。

 

Q: ユース・オブ・パリスはどうやってスタートしたのかな? 元々はアレックスのパーソナルなInstagramアカウントなのかと思ってたけど…
A: ユース・オブ・パリス名義では2011年に作ったTumblrのアカウントが最初。キャッチーで的を得た名前にしたかったんだ、そうすれば皆から覚えられ易いと思ってさ。Instagramは、2013年の初頭から始めたよ。

 

Q: 現在、注目しているブランドは?
A: 『フェイス・コネクション (Faith Connexion) 』『ヴェトモン (Vêtements) 』『ハイダー アッカーマン(Haider Ackermann) 』『ダニエル・パトリック (Daniel Patrick) 』『ア・コールド・ウォール (A Cold Wall) 』

 

Q: 日本のファッションヘッズにお勧めするフランスの新興ブランドはある?
A: 今はたくさんのブランドがあるから、挙げるのが難しいけど、『アップル・コア(Apple Core) 』『ニドゲープ (Nid De Guêpes) 』『ラタキ・フランセズ (L’attaque Française) 』かな。

 

Q: 今のシューズのローテーションは?
A: 特に決まったローテーションはないけど、履き心地の良いシューズが好きだね。最近、よく履いてるのは、アディダスの『ウルトラブースト』『Yeezy ブースト 350』サンローランの『エスパドリーユ』だね。

 

Q: では、シューズのオールタイム・フェイバリットは?
A: 『エア ジョーダン 1』どんなタイプの服にも合わせられるレジェンドな1足。

 

Q: 君がユース・オブ・パリスのスウェットを着ているのを見たことがあるけど、自身のラインを立ち上げる予定はある?
A: そうだね、自宅にいくつか試作品があって、様々なタイプの服に取り組んでる最中。今は学んでいる期間だね。だから、今今は自分自身のブランドを作る明確なビジョンはない。現在のファッション業界は少し複雑すぎるし、新しいブランドがどんどん立ち上がるけど、その中で違いを生み出せてるのは、ほんの僅かだよね。でもいつの日か挑戦したいと思ってる。

 

Q: 君は、Yeezy Season 1も2も両方をチェックしてるけど、実際に見てみた感想は?
A: ドープ。それ以外に付け加えることはないよ。
 

イージー シーズン 2の展示会にて

 

Q: ユース・オブ・パリスの今後の予定は?
A: よく学び、よく働き、旅をして、たくさんの人に出会う… 色々なプロジェクトを考えているけど、まだ発表できる段階ではないんだよね。
 

ユース・オブ・パリス (YOUTH of PARIS): アレックス・ロペス主宰のインディペンデント・オンライン・マガジン。今日の『ユース』を定義付ける『ファッション』『アート』『ミュージック』にフォーカスし、時代の最も影響力を持つクリエイターやアーティストを照らし出すことを目的とする。
 
オフィシャルサイト
Instagram
Twitter
Facebook

  • /
  • /
  • /
  • /
  • /
  • /
<>拡大




写真: YOUTH of PARIS